Love & Free
by kibi_kozukai
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


ブログ再開します

4ヶ月ぶりになります。
ブログを再開したいと思います。

http://kibi3.exblog.jp/

これが新しいブログのアドレスになります。

今まで使っていたこのブログのアクセス数を先ほど確認すると、
お休みの間にも、毎日たくさんこのブログにお越しくださっていたことがわかりました。
また、友人知人からもまだかまだかと催促をたくさんいただきました。

ようやく重い腰を上げ、ゆるゆるとスタートしたいと思いますので、
今後ともよろしくおつき合いください。
[PR]
# by kibi_kozukai | 2007-07-31 15:44 | ご案内

ブログの容量がいっぱいに・・・

c0026788_23122499.jpg

このブログの容量がいっぱいになって、
これが挿入できる最後の画像となってしまいました。

しばらくしたら、新しいブログに移行しようと思っています。
また、ここに新しいアドレスを、そのうち表記いたします。
それまでしばらくお待ちください。

リフレッシュして復活します。

 ありがとうございます
 
[PR]
# by kibi_kozukai | 2007-03-29 23:17 | 大きな流れ

ランチがおいしい

c0026788_2323471.jpg

今日、友人と写真展の会場に行って来た。

ここのランチがけっこうお気に入りで、今日もおいしくいただいた。ボリュームは控えめ、お総菜に小さな鍋がついて、ご飯は玄米のおにぎりが2つ。足らないときはおにぎりのおかわり自由。

セットメニューとして、デザートに「雪花氷」という雪のような口どけのアイスがオススメ。ぜひ!
 
[PR]
# by kibi_kozukai | 2007-03-27 23:30 | ご案内

母と子

c0026788_914263.jpg

昨日はスサノオ水という地下水を汲みに行って、その帰り道に旭川の土手に下りてしばらく写真を撮ったりしてくつろいでいた。

そろそろ帰ろうかと土手に続く道を歩いていると、向こうの方から満面の笑顔で走ってくる2、3歳の子どもとすれ違った。あまりにうれしそうな顔をしているので、「こんにちは」と声を掛けたが、とにかくいちもくさんに、よちよちと走っていた。その後を、三輪車を押しながらゆっくりと追いかける母親の姿。

5分ほどして、ぼくは土手を登り車に戻り、もう一度川の方を眺めていると、なんだか母親の様子がおかしい。「ユウヤ〜、ユウヤ〜・・・」どうもこれはあの子どもの名前らしい。木々に囲まれた川沿いは、母の目と子どもの姿を隠してしまったらしい。

川の流れはかなり急なところもあるので、なにかあったらたいへんだ。三輪車をほっぽり出して駆け足でそこらあたりを、子どもの名前を呼びながら走り回る母親。

ぼくも一緒に探してあげた方がいいかなと思いつつ。高台に立つぼくは、あたりをしばらく見渡していた。すると急流のすぐそばに小さなカゲ。ああ、たぶんあの子だろう。いつの間に階段を下りてあんな場所に行ったのだろう。流れに飲み込まれるとひとたまりもない。

ぼくはすぐに「おかあさん、おかあさん」と母親に声を掛けて、子どものいる方向を指さした。そちらの方に目を向ける母親だが、ヤブが邪魔をしてどうも見えないらしい。とにかくあそこにいるからと声を掛け、母親は慌てながら川沿いに向かった。

どうにか、母と子は無事対面できた。ぼくもホッとひといき。こういうことって、たまにある光景だなあと、思いつつも、母親の心の内がビンビンと伝わってきた。母の一心不乱な姿は、なかなかあ迫力があるなあと、感心した。
 
[PR]
# by kibi_kozukai | 2007-03-27 09:31 | 雑記

プロフェッショナル

c0026788_11115193.jpg

あちらこちらで、友人知人たちが頻繁に個展をやっている。ときどき見せてもらいにいくが、どれも個性的でおもしろい。

最近、ぼくはプロと素人の違いはなんなんだろうかと、そんなことを思う。作品それぞれに見る人の好みや価値観というものがあるので、一概にどれがよくてどれがよくないという基準はつけられない。

ぼくはグラフィックデザインという商業ベースでのもの作りの世界でやってきたので、クライアント側も制作者側も、お互いにとてもシビアなやりとりがある。クライアントはかなりの制作費を使っての販促活動をするわけで、それを請け負う制作者側も、それに応えるものを創作していかなければならない。

ぼくの経験からすると、クライアントからの要望の少なくとも4手、5手先を読んでいろいろなものを提案し、制作していくというのがプロの世界だと思う。ときには10手先、それはお互いにどうなっていくか分からないような、そんな想像の世界に足を踏み込むことさえある。それはリスクとの戦いだったりする。とても厳しい世界。必要がないときはすっぱりと切られるのだ。どんな仕事にも言える、それがプロの世界なのだと思う。

そういうシビアな目で見ると、趣味の延長にある作品というのは、どこか甘さがある。表現の技術だって、知識だってスキルアップし、感性に磨きをかけることを怠らない努力は必要だと思う。

昨日、ある作品展に行って思ったこと。作品についている価格と、その出来映えのギャップを感じながら、プロフェッショナルであること、そうあるためにスキルを磨くことの大事さを、ひしひしと感じた。

そんなことを思いながら、昨日は「世界一」という言葉がなんども頭をよぎった。フィギュアスケートの世界選手権を見ていたせいもあったのかもしれないが、やはり「世界一」はいい。

自分なりの世界一、一生に一度、これを極めたい。この世界一というのは、「世界で一番」だが、「世界に1つ」というのがぼくは好きだ。ぼくは闘ったり、比べたりするのがとても苦手だ。

ぼくはぼく自身の魂の進化に挑む。その進化の結果として「世界に1つ」があるのだと思う。みんな、世界に1つ、に向かって、発展の途上にあるのだ。途上は途上なりに、お互いに刺激しあいながら、進化していけたらいいなと思う。
[PR]
# by kibi_kozukai | 2007-03-26 10:34

今日から作品展

c0026788_0381744.jpg

今日から1週間、倉敷で写真教室作品展が開催される。

ほんのさっき搬入から帰ってきたところ。

上手い写真!とは言えないが、それぞれに個性があって、なかなかいい感じの会場になっている。

お近くの方はぜひ・・・

因みにぼくが出品させていただいた2点は、

「風猫」
後楽園沿いの旭川の水面にキラキラと注ぐ冬光、
一匹の野良でもない家猫でもない風の猫が、
ゆっくりと土手を登って来た。
「やあ」と声を掛けると、「にゃあ」と返事をする。

「光のしずく」
冬朝の伊勢神宮は荘厳。
人混みを避けるように、早朝参拝した。
この日の天気予報は雨。
期待していなかった太陽がときおり顔を出し、
木々の間から、白金の光が差し込んだ。

********************************
神崎士郎写真教室第2回作品展  ベルガモット~風光る~

2007年3月25日(日)~4月1日(日) 11:00~21:00
ロハスカフェ 癒味庵 ゆうみゃん
〒701-0114 岡山県倉敷市松島1141-5 ガレリア1F 西
Tel.086-462-5554

それぞれの感性がとらえた光の瞬間。
アナログカメラで撮った日常のひとこまを展示し、皆様をお待ちしております。
出品者/市川貴将・内田政行・金行麻理子・田中晃
    柴田建二・西崎温子・三宅智子・守谷理香
主催/アロマエンジェル 玉野市宇藤木550-74 Tel.0863-71-1344
★入場無料ですがカフェですので飲食のオーダーをお願いします。
********************************
[PR]
# by kibi_kozukai | 2007-03-25 00:55 | ご案内

合氣道4級

c0026788_13555210.jpg

心身統一合氣道4級に合格・・・って、まだ4級か、と思いつつも、なかなかもって奥が深く、型を覚えるだけでも時間がかかる。5級、4級の技がこなせるようになれば、あとの技はそれの応用になってくるので、基本中の基本というわけだ。

4級で6つの技を覚えたわけだが、1級になると通しで30の技を覚えなければならない。なんとか今年中に2級までクリアしたいと思っているが、時間的にきわどいところだ。

ぼくたちの習っている合氣道には、今までの固定観念をくつがえす基本がある。それは、「全身の力を完全に抜く」というものだ。これは、例えば相手の手を持つ感触は、赤ちゃんに触れるように、技を掛けるときも、力を抜いた状態で、風のように。もちろん氣が出ている、という条件のもとに成り立つことだが。

こんなので人が倒れるのかと思いきや、なぜかひっくり返ってしまう。力を入れると、相手が力で返してくるので、力と力の戦いになる。だが、相手の氣を読み、その流れを上手に導くことによって、相手が気持ちよく倒れてしまう瞬間というか、間合いがある。

要は、それを習得しているわけで、技はそれがうまくできているかどうかを確認するためのものらしい。心身が統一されているときは、相手を撫でるだけで相手の身体が崩れてしまう。抵抗するでなく、氣がつくとよれよれっと倒れてしまうのだ。

昨夜の試験の後、なんとなく腰から背中あたりが痛い。今朝になってもまだ痛くて、どうも背骨の脇にある筋が凝っているようだ。そういえば、背中が凝るような作業を一昨日やったが、どうも氣が通った勢いで、溜まった疲れが表に出てきたようだ。なんだか、詰まっていたところに氣流れ出したような感じもある。
 
なにはともあれ、来年あたりには初段を取得できればと、目標を練っている。
 
[PR]
# by kibi_kozukai | 2007-03-23 13:42 | 雑記

青深き海

c0026788_9372734.jpg

青濃くねむる海に

雲の切れ間から

一条のヒカリ降りる
[PR]
# by kibi_kozukai | 2007-03-22 11:52 | 写真日記

エキスパート

c0026788_2335990.jpg

この人生で、自分を表現し、自分を生きていくうえで、何かのエキスパートになることはとても大事だと思う。そのことに関しては、つぶしのきく人間であること。

それは大きなものでなくてもよく、サラリーマンをしながらも花作りの名人だったり、俳句の名人だったり、料理の名人だったり、聞き上手の名人だったり、そういうささいなことでもいい、このことならあの人だというものを1つ持つ。できれば、そのことでメシが喰えるようになっている人は、とても幸せな人だと思う。

エキスパートになるためには、まずそのことが好きであること、楽しんでそのことに打ち込めること。自分の人格が向上し、そのことで生きがいを感じられること。

これは生まれつき身についている人、たとえば生まれながらにして絵が上手とか、絶対音感を持っているとか、そういう人もいるが、だいたいは日々の積み重ねでスキルを磨いていくことが通常だ。

少し早起きして時間を作るとか、寝る前に時間をとるとか、休憩時間を利用するとか、1日1時間、365日で365時間、10年で3650時間、30年で10950時間、これだけあれば、どんなことでもそれなりになんとかモノなっているだろう。
  
[PR]
# by kibi_kozukai | 2007-03-20 10:06 | 気づき

愛おしく、愛らしく

c0026788_10324568.jpg

ファインダーをのぞくと
わたしも、わたしも・・・と
花びらたちがアピールしてくる

どの花びらにも
個性がある
愛おしく、愛らしく
[PR]
# by kibi_kozukai | 2007-03-19 10:12 | 写真日記